蜂の子の摂り方

蜂の子の摂り方

蜂の子は、まさに蜂の子である幼虫のことです。日本だけではなく、海外の様々な地域でも古くは貴重なタンパク源として食用されていました。蜂の子は近年最注目をされていますが、その理由はなんといっても豊富な栄養素です。タンパク質だけではなく、ビタミンや脂肪酸、ミネラル、さらには必須アミノ酸を豊富に含んでいることが分かったのです。

この必須アミノ酸は、人間の体内で合成することができないため、食事から摂取しなくてはならないものです。蜂の子は多種にわたる必須アミノ酸を含んでおり、人にとってとても有効な食物言えるのです。

とはいえ蜂の子は、いわゆる幼虫ですので、見た目のグロテスクさに驚く人も多いと思います。古くは生で食べていた地方もありますが、現代人にとってはちょっと口に含むのを躊躇してしまうものですよね。

信州地方のスーパーマーケットなどでは、甘く煮付けられ、食べやすく加工されたものが缶詰で販売されており、蜂の子を食べる習慣のある地方の人にとっては身近なものでもあるようですが、全国どこのスーパーマーケットにでも置いてあるのもではありませんので、少し親しみがなく手に入れることが難しい食品でしょう。しかし最近ではパウダー状に加工してあるものあり、見た目がちょっとという人にも無理なく取り入れることができるものもあります。蜂の子に含まれる栄養素に鑑みてそのような健康食品を取り入れるのもおすすめですよ。

ページのトップへ戻る